もっともっとお客さまと向き合いたくて、個人サロンを覚王山にオープンしました。

 chang pin (チャーンピン / チャンピン)は名古屋市の覚王山 日泰寺の近くに2021年7月10日にオープンしたタイマッサージの個人サロンです。
 店主兼セラピストのわたくし小川は、2011年 秋 にお風呂屋さんでタイマッサージを始めました。念願であった老舗サロン タイ古式ほぐし処 POCHAIからお声をかけていただきおよそ7年セラピストとして切磋琢磨してきました。
 タイマッサージとは自分と向き合うことで始まる癒しの時間です。自分に戻った感覚を得た瞬間にひとは癒しを本当の意味で感じることができるのだと思っています。そんなかけがえのない時間を大切にしたくて、まずわたくし自身の手で理想の空間を作ることから始めました。
 わたくしはセラピストであると同時に空間をつくるアーティストでもあります。癒しの時間を共有できることに感謝をして、あなたの何かのきっかけになれたら嬉しいです。

チャーンピンのタイマッサージ

 「タイ古式マッサージ」と表記されることが多いタイマッサージですが、当店では西洋の近代医学を取り入れたダイナミックタイマッサージ、オステオタイの要素を取り入れたスタイルをとっているので「古式」という名称を外して「タイマッサージ」と表記しています。

 ダイナミックタイマッサージはフランス人オステオパスDavid Lutt氏がタイ古式マッサージのマスター故チャユート・プリヤシット氏から受け継いだ動的アプローチとオステオパシーを融合して生まれました。

 ダイナミックタイマッサージのダイナミックというのは、「動的」と訳されます。リズミカルなゆらす動き、振動のテクニック用い、身体の各部の失われてしまったリズムを回復させていきます。体の中の70%を占める水元素に働きかけていくのも大きなポイントであり、それはファシアに繋がっています。難しいことは抜きにして、波のような自然のリズムに漂うマッサージは只々気持ちいいです。

 一方ダイナミックタイマッサージとタイ古式マッサージを区別するときに、タイ古式マッサージの持続圧や重力を用いたテクニックはスタティック「静的」と表現し、パワフルでやさしいスタティックの手技は安心感を与え心と身体に安らぎをもたらします。

 当店の施術では、このダイナミックとスタティックの技法はどちらか一方ではなくお客さまのお身体の状態によって交ぜる割合を変えています。あらかじめ決められた順序や手技で施術を進めるのではなく、身体の声を聴きながらその瞬間に必要な動き、必要な間を選択していきます。共鳴することによってうまれるセッション(施術)はとても美しいものです。

 現在の施術スタイルは主にDavid Lutt氏、ミワチハル氏から影響を受けています。
 特に自分自身の在り方や繊細なタッチや動き方の基本については2020年11月に参加した気づきのリトリート"Meditative Dance"がターニングポイントとなりました。

オーナーセラピスト
小川(ピンちゃん)

2011年よりタイマッサージを始める。温浴施設やサロンでタイマッサージを提供。

2018年よりフランス人オステオパス ダヴィッド・ルットに師事しダイナミックタイマッサージ、オステオタイの要素を取り入れる。2021年7月に個人サロン「changpin」をオープン。独特の感性から生み出されるタッチは静寂をもたらし、深い癒しの世界へといざないます。

現在の施術スタイルは主にDavid Lutt氏、ミワチハル氏から影響を受けています。特に自分自身の在り方や繊細なタッチや動き方の基本については2020年11月に参加したミワチハル氏主催の気づきのリトリート"Meditative Dance"がターニングポイントとなりました。